読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イオリスの雑記

イオリスって誰だよ

順調に感化されたので戦争映画を観た話~パットン大戦車軍団

単純なおたくなのでGIRLS und PANZERとWoTに感化され戦争映画を観ようと思い立った。

僕自身はあまりその手のジャンルに興味がなかったけど、うさぎさんチーム各位が視聴していらしたDVDの元ネタをとりあえず観てみようと思ってTSUTAYAに向かった。そこで目当ての戦略大作戦はレンタル中だったので、パットン大戦車軍団遠すぎた橋を借りた。パットン大戦車軍団もタイトルはもじられているけど積んであったDVDの元ネタの一つらしい。

パットン大戦車軍団は大戦車軍団ってタイトルがついているけど大戦車軍団要素はあまりなかった。僕はパットンという人間を知らなかったのでパットン戦車の大軍団がドンドコドンドコ戦う映画だと思っていたけど違った。パットン戦車はパットン将軍が名前の由来だったんすね…。

内容としてはジョージ・S・パットンという軍人のWWⅡにおける北アフリカ戦役から終戦くらいまでの姿を描いたものだった。このパットンという軍人、pure militaryと呼ぶに相応しい軍人だったんだなというのが素直な感想である。戦争映画なんて観たことないので楽しめるかちょっと不安だったけど楽しんで観れた。それに観終わってからちょっとパットンのこととか調べてみて内容を思い返すとじわじわと面白さが蘇ってきた(冒頭の演説とか)。自分が無知すぎたというのもあるんだろうけど。

遠すぎた橋も面白いらしいのでいまから観るのがけっこう楽しみになってきたのでワクワクしている。

それと僕は西住みほ隊長が一番好きです。(唐突かつ大胆な告白)