読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イオリスの雑記

イオリスって誰だよ

にかわおたくなので戦車映画を観た話 ~鬼戦車T-34

 にかわがるぱんだめだめおたくなので戦車映画を観た。

 観たのは『鬼戦車T-34』。近くのゲオがレンタル10円セールをやっていたので借りた。砂漠の鬼将軍を観た時も思ったけど邦題訳には枕詞で鬼をつけなければいけないルールでも一時期あったのか思うほど内容とは関係なしに鬼がつけられている気がする。

 あらすじとしてはドイツ軍の捕虜になって一年経ったロシア兵が新しい野戦砲の性能を試すために鹵獲されたT-34に乗せられて的にされるんだけどその機に乗じてそのまま逃げ出すっていう流れだった。最初からこれこの人達死んで終わるでしょって感じが全開だけどT-34は現物を使ってるとのことなのでストーリーはさておきここが重要なファクターってことなんだろうと深く考えないことにした。全編を通してT-34が走り回るシーンが多かったのでまあまあ間違ってはいなかった。

 脈絡もなく砲塔を回してショーウィンドウのガラスをわざとらしく叩き割ったりするサービスシーンとかはあるけど発砲シーンは一切ない。野戦砲の的にするための車両にわざわざ弾薬を積むわけないんだよなあって至極当然な物語の流れなんだけどいやーこいつら絶対助からないじゃんって感じで観ることになる。

 見どころとしてはとにかくT-34が走るところとがるぱんおたく的には逃げ出したあとなんやかんやで打ち解けた乗組員がカチューシャを二秒ほど歌って「お、カチューシャじゃ~ん」みたいなやりとりをするところだった。ストーリーとかはまったくないと言って等しいのでT-34でドライブするのを体験するくらいの軽い気持ちで観ていた。一両だけだけどT-34が映る時間は長いのでタイトルに戦車とかついておきながら最初か最後の数分しか映らない映画よりも満足度は高かった。

 尺的にも80分ちょっとくらいだったはずなのでそれほど疲れることなく観れるはずなのでプラウダ高校戦車道チームの人たちは観ても損はしないウォッカ。